ブログ

サントリー ホログラムシールとは?

2024年07月09日

ウイスキーブームから数年が経ちましたが、現在も二次流通のジャパニーズウイスキーなどにもプレ値が付く状況です。なかには偽物や模造品が流通しており、逮捕者が出てしまうようなケースもございます。その中、大手サントリーが自社ブランド価値を守る対策としてホログラムシールをつけるようになったと認識しております。偽物等の二次流通経路となるのはフリマやネットサイト、評価の少ない出品者の出品、相場よりも安い金額設定などには注意が必要となります。

ホログラムシール:下記サントリーサイト引用

●ホログラムシールについて
特長:複製や再貼付が難しい特殊加工を施しています
貼付箇所:開封口・ボトル背面の計2箇所 

※順次切り替え出荷の為、市場にはホログラムシールが2種類貼付されていない商品も流通しています

▼実施日
2024年3月製造分から

▼対象品目(3ブランド10品目)
・「サントリーウイスキー 響」ブランド
 「同 響 30年」「同 響 21年」
 「同 響 BLENDER’S CHOICE」「同 響 JAPANESE HARMONY」
・「サントリーシングルモルトウイスキー 山崎」ブランド
 「同 山崎 25年」「同 山崎 18年」「同 山崎 12年」
・「サントリーシングルモルトウイスキー 白州」ブランド
 「同 白州 25年」「同 白州 18年」「同 白州 12年」

リカー999コメント

前記踏まえ、下の写真を見てみましょう。ホログラムシールは2種類あり、当社でのわかる範囲とはなりますが、上のシルバーのホログラムシールは2022年~、下のホログラムシールは2024年~付いるようです。二次流通品を購入する立場からすると写真に写っているホログラムシールがあるとより安心して購入ができると言えそうですね。ただし、以前当社での検品の際、上のシルバーのホログラムシールの模造品を見かけたことがございます。特徴としては本物よりも色合いや光り方が異なります。正直本物を隣に置かないと気が付かないかもしれません。前述の通り購入ルートに気を付け、慎重に確認しましょう。

  |  

業界トップクラス高額買取宣言

「どこよりも高く買い取ってほしい!」という方は
お酒の買取専門店リカー999にご相談ください!

24時間365日受付中

受付時間:平日10時~17時
営業日の確認はこちら
メール査定
専用フォームより24時間受付中
LINE査定
かんたんスピード査定
電話査定 メール査定 LINE査定