ブログ

ブランデーについての豆知識

2021年11月19日

ブランデーとは?

ブランデーとは果実を主原料に発酵・蒸留して作られたお酒です。香りがフルーティで豊かであることが特徴です。使用される原料としては白ブドウ・洋ナシ・リンゴ等々。使われる果実、産地によって味わいや香りが異なり、呼び方も変わるのがブランデーの特徴です。※木樽での熟成が条件というわけではありません。

 


ブランデー好きでしたら一度はきいたことのある3大ブランデーをご紹介!

【①カルヴァドス

フランスのノルマンディー地方ブルターニュ地方で原料にぶどうではなく、リンゴから発酵させたアップルワイン(シードル)を蒸留したお酒。この地域はなぜぶどうが使われないかというと、冬は寒くぶどうの栽培に適してないからだそうです。
蒸留:どんな蒸留器、何回蒸留するかなどの蒸留方法は生産域によって規定が異なります。

 

原料:りんご
産地:フランスのノルマンディー地方とブルターニュ地方

【②コニャック

フランス南西部、コニャック地方特定品種のブドウを使用して造られるブランデーです。
「ヘネシー」や「レミー マルタン」などの定番銘柄がるのが特徴です。
コニャックは「ユニ・ブラン」という品種のブドウを使用したものがほとんどです。
蒸留:単式蒸溜機で基本「初留×3回→再留×1回」という2段階が1セット

原料:ぶどう
産地:フランス南西部のコニャック地方

【③アルマニャック

フランス南西部のアルマニャック地方造られるブランデーです。
アルマニャックにつかわれるブドウの品種は「ユニブラン」、「バコ」、「フォルブランシュ」などの品種です。

蒸留:半連続式蒸溜機で1回

原料:ぶどう
産地:フランス南西部のアルマニャック地方


ブランデーとウイスキーは何が違う?

ブランデーは上記にも述べた通り果物(白ブドウ、リンゴ、洋ナシ等々)を原料としており、発酵・蒸留させたお酒です。

一方、ウイスキーは穀類(大麦、ライ麦、トウモロコシ等々)を原料としており、糖化・発酵・蒸留させ、木樽(カスク)にて熟成を行ったお酒です。

ウイスキーづくりとぶづくり異なる点
異なる点として挙げられるのは「糖化」と「木樽での熟成」です。

ブランデーは原料が果実であるため糖化の必要はないが、穀類であるウイスキーは発酵をさせる前段階として、糖化させる必要があります。
ウイスキーは必ず木製樽での熟成が必要となりますが、ブランデーの場合、コニャック・アルマニャック・カルヴァドス以外は木製樽を使用しないことがあります。(※カルヴァドス、コニャック、アルマニャックは規定によりオーク樽での熟成が義務付けられています。)

ワインとブランデー、ビールとウイスキーは何が違う?

結論から言うとそれは蒸留をしているかどうかです。

果実を発酵して造られたのがワイン、発酵・蒸留したのがブランデーです。

穀類を糖化・発酵して造られたのがビール、糖化・発酵・蒸留・木樽熟成したのがウイスキーです。

蒸留をすることによりよりアルコール度数を増したものがブランデー、ウイスキーの特徴でもあります。アルコール度数は大きく変わります。(※下記度数の開きとして参考にして頂ければです。)

ワイン(アルコール度数:約14%くらい)
ブランデー(アルコール度数:約40%)
ビール(アルコール度数:約5%~6%)
ウイスキー(アルコール度数:約43%~63%)

 

3大ブランデーの木樽熟成コントとは?

3大ブランデーは先ほどにも述べたようにオーク樽で熟成を行うのが義務となっています。

その年数を表現するものが「コント」です。これは熟成年数による正式なブランデーのランクです。ただ、コニャックアルマニャックにのみフランス事務局によって基準が定められています。ボトルに表記されるコントは原酒のうち、もっとも若いものの熟成年数を表します。これは熟成年数表記されるウイスキーと同様です。

  • コントの基準はコニャックとアルマニャックによって若干異なります。


コニャック周期:毎年4/1~翌年3月末日
例)仮に2020年3月中に蒸留が終わり樽に詰めたとします。2020年4月1日はコント00となります。翌年2021年4月1日はコント0、2022年4月1日はコント1となっていきます。以降4月1日を迎える毎にコントが1ずつ上がります。

アルマニャック周期:毎年5/1~翌年4月末日

コニャックの格付け

スリースター ⇨ コント2以上
V.S. ⇨ コント2以上(平均熟成年数4~7年)
V.S.O.P. ⇨ コント4以上(平均熟成年数7~10年)
ナポレオン ⇨ コント6以上(平均熟成年数12~15年くらい)
X.O. ⇨ コント10以上(平均熟成年数20~25年)
※2018年4月1日からXOの基準はコント10以上(最低熟成10年目以降)に変更されました。
Hors d’âge、Extra等々・・・コント10以上(一般的にXOより高クオリティとなる。)


アルマニャックの格付け

スリースター ⇨ コント1以上
V.S. ⇨ コント2以上
V.O. ⇨ コント4以上
V.S.O.P. ⇨ コント4以上(平均熟成年数5~10年)
ナポレオン ⇨ コント5以上(平均熟成年数5~12年)
X.O. ⇨ コント5以上(平均熟成年数20~30年)

  |  

業界トップクラス高額買取宣言

「どこよりも高く買い取ってほしい!」という方は
お酒の買取専門店リカー999にご相談ください!

24時間365日受付中